着物を買う

着なくなった着物を処分したい時、着物がほしいけど安く買いたい時があると思います。そんな方のためにちょっとしたコツを説明したいと思います。着なくなった着物が一枚や二枚ある人が多いのではないでしょうか。日本では洋服が一般化してひさしいですし、子供が成人してしまうと子供のライフステージのイベントに合わせて親が着物を着る機会も少なくなります。例えばお宮参り、七五三、入学式と卒業式の保護者参列など。冠婚葬祭もありますが少子化でもあり着物を着るきっかけがすくなることには変わりありません。結局、タンスの中に入れっぱなしになってしまうことが多くなるとおもいます。

ここで注意して欲しいのは正しく着物を保存することです。高く売るためにそうするのではなく、長く着れるように愛着をもって着物に接してほしいということです。もちろん保存状態が良ければ買取価格も上がります。具体的には、着物を正しくたたむこと、一枚づつ丁寧にたとう紙に包むこと、風通しの良い場所に置くこと、防虫剤は一種類を適量に着物に触れないように置くことです。桐の箱に入れるのが理想ですが、無いことが多いでしょうから、湿気の籠もりづらいタンスの上段にしまうようにして下さい。正しく保存をしないとシミができたり虫食いになります。

着物を売買するお店の選択ですが地元に着物を専門に買取できる業者がいることは少ないと思います。着物を着る人が少ないので仕方ないです。近所にない場合インターネットの着物買取サイトを利用しましょう。24時間受け付けて送料無料、査定料金も無料です。もし取引が成立しなかった場合着物を無料で返送してくれます。お店によっては一部地域で無料出張査定をしてくれるところもあります。買取価格は生地の種類と保存状態によってまちまちです。見積もりをとって納得したうえで売却しましょう。着物買取サイトでは古い着物を売って新しい着物を買うことができます。

新しいと言っても古着着物のことです。古着着物を買う時は自分の寸法を把握しておきましょう。古い着物は前の持ち主に合わせて作られていることがあるからです。洋服のようにサイズの規格がありません。また虫食いの有無にも気をつけるべきです。ただ着物買取サイトでは直接着物を見れないので不安ですが専門店ですので安心感はあります。お店に質問してみましょう。全くの新品を買うとなるとこれはピンきりです。反物の質によって値段が大きく違い、一式なのか単品なのかでも変わります。買うなら目的と予算に合わせて買いましょう。ご参考になれば幸いです。