不要な着物

卒業式に着た着物と袴や、お見合いにきた振袖など、もうすでに着ることがなくなった不要な着物がタンスの奥にしまったままである人は多いのではないでしょうか。遺品整理で母や祖母が着ていた着物を見つけたりすることもあると思います。着物をそのまま持っていても時間が立てば着物は傷んでしまいますから自分で着ないのなら早めに処分を考えたほうが良いかもしれません。日本の美術品や伝統工芸品、そして華麗に染められた色柄の着物は海外でも大変人気です。

そして着物をモダンに着こなす若者たちにもアンティーク着物が大変人気があるのです。そのため古着着物が活発に取引されて市場が活気づいています。ですから売るなら今がチャンスですから不要な着物を売ってスッキリ財布のたしにしましょう。着物を売る時は査定を受けるのですが、高額査定のために最も重視されるのが着物の状態です。

価値のある着物にいくつか条件がありますがまずは傷や汚れ、カビやシミがない、状態の良いことが最低条件でしょう。状態の悪い着物は端切れとして売れるか引取を拒否されることもあります。状態が良いという条件で、名の知られた着物作家の作品や無形文化財として証紙の付けられたもの、流行りの丈の長いものなどが高値で取引されています。何処に売ればよいのかわからない時はインターネットを参考にすると良いでしょう。あせって着物の売買に経験が少ない古着業者には売らないようにしましょう。普通の古着業者は効率化のために衣類をまとめた重さだけで判断して売買することが多のです。

ネットで調べれば口コミで評価の高い着物買取サイト見つけられると思います。着物買取サイトで着物を売ることのメリットは受付は24時間で、送料も査定も無料ということです。査定を出してもらった後に、その査定額が気に入らなかった場合でも無料で着物を返送してもらえます。いろいろなお店の査定額を比較するために遠慮なく返却させてもらって下さい。もしよく分からなことがあったらお店に質問してみましょう。

着物が売れたら取引きはそこで終えても良いのですが、もしまた着物を着たくなったら買取サイトでも古着着物を取り扱っているので買ってみるのも良いでしょう。注意点として昔の着物は反物からあつらえることが多いので元の持ち主の寸法に合わせてあります。ですから自分の寸法を事前に測ってください。自分に合う寸法の着物が店に並ぶかどうかは運次第です。こまめに買取サイトを覗くと良でしょう。着物の処分に困ったら着物専門の買取サイトを利用するようにおすすめします。